CANINE HILLS BLOG - 最新エントリー

変なウワサ

カテゴリ : 
CANINEHILLS BLOG
執筆 : 
canine 2013-12-7 23:58
めいさんがポッチーちゃんの近況を聞こうと、久し振りに電話をしていました。
ポッチーちゃんは今、三重の四日市にいます。
(私が食事作りがイヤだと言ったため、夫の実家で赤ちゃんを産んだのでした)
その赤ちゃんも、あと1週間で1か月になります。
母子ともに元気なようで何よりです。

話しながら、めいさんのケラケラ笑う声。
気になってあとから聞いてみました。

ポッチーちゃんが言うには、近所で変なウワサが立っているというのです。
ウワサによるとポッチーちゃんは、コウちゃんのお兄さんの内縁の妻ということになっているそうで。
(お兄さんはリピリピを連れて、よく買い物などに連れて行くそうです)
色白のリーという3歳の女の子を連れて(リピリピは確かに色白らしいけど2歳で男の子)、二人目の子どもを出産するために内縁の夫の家に来ていることになっているそうな。

そのために糖尿病がやっと治った義理のお父さんは、心臓が悪くなって入院(かなり前に心臓の検査入院をしたことあり)。
T子 さん(義理のお母さん?)はショックで家を出て行った。
(これは何の事だかよくわかりません)

これじゃめいさんも笑うわなぁ。
私もおかしくて笑いこけていました。

ウワサってどこから湧いて、どこで大きくなって行くんでしょ?
きっと中村家の、ありもしないウワサも、いろいろなところで尾ひれが付いて出回っていて、私たちの耳に入らないだけかもしれません。
まあ、知らぬが仏ってところでしょうか。
でもポッチーちゃんのウワサなら、楽しめます。

断舎離

カテゴリ : 
CANINEHILLS BLOG
執筆 : 
canine 2013-12-2 22:38
               

断舎利しています。

「オレが最初に断舎離されるのかなあ。」
めいさんがぽそっと言いました。

「大当たり!」と言いたいところですが、まだまだ捨てはしません。
金蔓は時が来るまでは大切にします。


久々のめいさんの句:

 振り返る 森に木の実の 落ちる音
 風に舞い 道をさまよう 落葉かな
 時雨来て 雲を重ねる 磐(いわ)の山
 初雪の 薄化粧解け 枯葉道
 白無垢に 角隠しのせ 雪の山
 白雪の テーブルクロスに 天鏡湖(雪原の町営牧場から猪苗代湖を望む)

カメムシ日和

カテゴリ : 
CANINEHILLS BLOG
執筆 : 
canine 2013-11-17 23:22
寒くなったのでカメムシはだいぶ姿を消してしまいました。
でも今日のように暖かくてお天気のよい日には、カメムシにとって絶好の飛行チャンス。
カチンカチンと音を立てて窓ガラスに当たり、落ちて外を歩き回っています。

中でお茶を飲んでいても、ほんの一瞬目を離しただけで、気が付くともうカメムシが歩いています。
するとどうしても、カメムシの行方が気になってしまいます。
どこからこんなに入ってくることやら。
小さな隙間がよくわかっていて、潜り込んでくるのでしょうね。

ケーナインヒルズに来るカメムシはスコットカメムシが断然多いです。
このカメムシは1僂らいの紫色がかったメタリックな茶色で、真ん中に白い斑点が一つあります。


               

床の上を歩いていたスコットカメムシを写真で撮ったら、「なにこれっ、とても美しいではないか」と、うっとりするほどのすばらしい鎧を付けていました。
窓際で何枚か撮ったのですが、どういうわけかみんなこんなに美しい色をして写っていたのでびっくりしました。
カメムシ君も(臭いを出さなくて)こんなにきれいなら、飼ってやってもいいぞ、と思ったくらい。

でも実際に歩いているカメムシはこんなに美しい色ではなく、やっぱり紫色がかった茶色で、きれいというには程遠い。
カメムシ=ガムテープ とインプットされている私は、カメムシが目に入ると手がすぐにガムテープをちぎっています。
そして次の瞬間、もう捕まえてしまっているのです。
カメムシがもがいて出ないようにガムテープを合わせ、ゴミ箱へ。
手を汚すことなく、簡単にカメムシ君は御用になります。

そういえばカメムシはめいさんが好きなようで、よくたかっています。
夜寝ていても、カメムシでたたき起こされるのでたまりません。
「首のあたりにいないか?」
「頭の中をモゾモゾ歩いているみたいだ。 早く取ってくれ。」
「手に止まっているから取って。」
私は眠い目をこすりながら仕方なくめいさんに付き合って、カメムシを取っています。
私のところには来ないのになあ。

するとめいさんは勝ち誇ったように、
「なっちんはカメムシからも嫌われているんだね。」と言います。
私はカメムシに好かれようなどと思ったことは一度もありませんよっ!

ダイニングから見える景色

カテゴリ : 
CANINEHILLS BLOG
執筆 : 
canine 2013-11-16 23:56
               

よいお天気で、空も青く、周りの景色が明るく見えました。
ダイニングから見える絵のような景色は、黄金色に輝いていました。
木の葉もだいぶ散ってきましたが、まだまだ見応えは十分にあります。

日々、少しずつ変わりゆく景色を眺めながら、季節の移り変わりを肌で感じることのできる日本に生まれて本当によかったとつくづく思います。

めいさんの散歩も、今日はえらくゆっくりしてきたようで、なかなか帰って来ませんでした。
そして帰って来たかと思うと、丸木の椅子に腰かけて、周りの空気を感じたり、水音を聴いたりしていました。

いつも同じように変わりなく過ぎて行く時間、平凡な時間が、歳を取ってきたせいか、とても大切に思えるようになってきました。
若い頃は何もないのはつまらなくて、あっと驚くようなことや素敵な出会い、日常ではない時間ばかりを追いかけて、結局は何も変わらないことにがっかりしてばかりいました。

でも今は、大自然の中で、ゆっくりと、何もしないで過ごす時間が大好きになってきました。
人間って変わるものですねぇ。
そういえば食べ物の好みも変わってきましたからね。

どうしたわけか外の景色に笑いかけたくなりました。
ポッチーちゃんに今朝赤ちゃんが生まれました。
元気な男の子です。

予定日は12月10日でしたが、帝王切開のため、少し早めの11月25日に産むことになっていました。
ところが夜中に陣痛が来て、四日市のお父さんの運転で病院へ。
それで今朝、生まれてしまったのです。

前回のお産の時は、麻酔注射が神経に刺さって神経を損傷してしまい、また麻酔から醒める時にかなりつらかったようでしたが、今回は安定剤だか鎮静剤だか打ってもらったのでラクだったようです。

麻酔から覚める時に野獣にならず済んだし、赤ちゃんも生まれてしまったし、私の出番はなくなり、四日市に行かなくてもよくなりました。 
(思わず心の中でバンザイ三唱をしてしまいました)

コウちゃんも朝7時前に電話をくれて、これからすぐに四日市に行くと言っていました。
あれだけ望んだ女の子ではなく、また男の子だったけど、無事生まれたのが嬉しかったらしく、声が弾んでいました。

ポッチーちゃんは1月か2月ごろまで四日市にいると言います。
今は川崎に住んでいますが、江東区にマンションを買ったので、帰った時は新居です。
12月にコウちゃんだけで引っ越すらしいです。
(一人で引っ越しは何かと大変ですよォ)

夜、めいさんと二人で乾杯しました。
イカのゲソの煮ものを肴に(買い物に行かないので冷凍のゲソしかなかった)、めいさんは上機嫌です。
赤ちゃんが生まれるのは、希望が生まれるみたいで顔が緩みっぱなしです。
その顔を横で見ている私もしあわせ気分に浸りましたっ。

雪です。

カテゴリ : 
CANINEHILLS BLOG
執筆 : 
canine 2013-11-12 23:58
昨日初雪が降りました。

朝はいつものように木々は黄金色に輝き、きらきら光っていました。
「これが本物の金でできていたら、毎日毎日、金の葉っぱを拾い集め、おいしいものをいっぱい食べられるのにな。」
辺りの景色は美しく、木の葉は黄色や金茶色、茶色や黄金色といった秋の色に彩られていました。

この薄っぺらな葉っぱが、1枚1万円の価値があったら、思いっきり贅沢ができる。
暖かい部屋で、おいしいものを食べて、転寝をして・・・
所詮貧乏が板についた生活しかしていないので、思い浮かぶことといえばこの程度のことばかり。
それでも私は幸せそうな顔をして、しばし空想の世界に浸っていました。


                   

夕方。
外を見ると雪が降っていました。(上)
午前中とはえらい違いです。
きらきら光っているはずの金の葉っぱは雪を被り、寒そうに現実の世界を見せつけていました。


               

寒くなると俄然元気になるのが、うちのめいさん。
「ストーブをつけよう。」
嬉しそうな顔をして、ゆっくりと薪ストーブに火を付けていました。


               

今日も雪でした。(上)
夕方温度計を見てみると0℃。
寒いはずだ。
まだ雪はうっすら積もっているだけで、駐車場のアスファルトは黒いままです。

雪が降ると急に冬になった思いです。
薪ストーブの炎はゆらゆら燃えて、アナログの暖かさが気持ちいいです。
外は冷たい雪。
中はほんわりとした暖かさの薪ストーブ。
なんと幸せなこと!
ケーナインヒルズで使用しているカトラリーには、大きなものから小さなものまで、すべて CANINE HILLS の刻印が入っています。

   

でも気が付いた人は今まで1%いるかなあ、って感じです。
姉はすぐに気が付きました。
食器は白がいいと提案していたのは姉ですから、カトラリーにもすぐに目が行ったのですね。

初めは刻印などお金がかかってとてもできないと思っていたのですが、ちょうどキャンペーン中だったようで無料で名前を入れてくれました。

カトラリーはすべて燕市の会社から購入しました。
燕市からのお客様が来ると、カトラリーでつながっているみたいで、なんとなくうれしいです。

西葉山の秋です。

カテゴリ : 
CANINEHILLS BLOG
執筆 : 
canine 2013-11-7 23:00
               

看板のところの赤い桜の葉もだいぶ散りました。


   

辺りは黄色や茶色が多くて、赤い葉はあまりありません。


               

モミジもきれいな紅葉にはならず、中途半端です。


               

ここは冬、雪を積み上げて駐車場にしているところです。
昨年は真ん中のモジャモジャした木の辺りまで雪を積み上げました。
だからモジャモジャ木のてっぺんには簡単に手が届いていたのですよ。


               

これは玄関を出てすぐ左を見た写真です。


               

そして右に行くと沢沿いの道に出ます。
左に行くと、木の葉が落ちて、歩くとかさこそ音を立てるかさこそ道になります。


               

右に行くと猪苗代湖がほんのちらっと見える散歩道になります。
きれいでしょ ♪

毎日景色を変えていく西葉山も、少し晩秋の空気が漂うようになりました。
毎朝外を見るのが楽しみで、四季の移り変わりがはっきりと見て取れます。
空気は澄んで、森の香りが漂い、とてもきれいな季節です。

秋色になりました。

カテゴリ : 
CANINEHILLS BLOG
執筆 : 
canine 2013-11-3 23:55
西葉山はきれいな秋色に染まっています。
毎日少しずつ色を変え、はっとする場面が幾度となくあります。     


               

看板の左側の黄葉はオレンジ色に近く、太陽の光に当たるとまるで黄金の葉っぱがキラキラ光っているみたいです。


               

沢沿いのモミジも黄葉してきましたが、あまり美しいとは言えません。


   

それよりお風呂場のすぐ近くのハルモミジの方がはるかに美しく、きれいに紅葉しています。
このハルモミジは春は赤く、夏はチョコレート色で、秋にはまた赤くなるという、一粒で二度おいしいモミジです。
これが青葉になったり、黄色になったりすれば、一粒で四度のおいしさが味わえるのですが、ちょっと残念。


               

この寒い中、庭のヤマツツジが3輪ほど狂い咲きしていました。
外はちっとも暖かくないのに、寒さにめげず健気に咲いているとついつい声を掛けたくなってきます。
私も逆境にめげず頑張らなければ、と思いました。
こんな小さな花にも励まされている私です。

ポッチーちゃんに赤ちゃん

カテゴリ : 
CANINEHILLS BLOG
執筆 : 
canine 2013-11-1 12:19
ポッチーちゃんが今月25日に赤ちゃんを産みます。
このため私もお休みを取ることにしました。
11月23日から12月10日まで、大型の休日です。

私が食事を作ったり、上の子の面倒を見るのが大変だと言うと、ポッチーちゃんはコウちゃんの実家の四日市で産むことに決めました。
(とても悪い母親です)
もうすでに四日市に行っていて、体調を整えているようです。

今度も男の子です。
みんな女の子が欲しかったのに、ちょっと残念。
夫のコウちゃんは、男の子だと分かった時によほどがっかりしたのか、黙って自室に籠もってしまったそうです。
でも元気で生まれてくれば、どっちでもいい。
絶対かわいくなっていくのだから。

今度も帝王切開で、前回麻酔から覚める時が普通の状態でなかったので、その姿をコウちゃんのご両親に見られたくないと言うので、私がそばについていることにしました。
四日市なんて行ったことがないから、少し不安ですが。


11月は22日まで営業します。
11月23日から12月10日までお休みで、
12月11日から営業再開です。
よろしくお願いいたします。

天気予報

19日5時、気象庁発表

日付 11月19日(日)
天気 雪

詳細はこちら