CANINE HILLS BLOG - 最新エントリー

月曜日から東京へ行って、ドームでのテーブルウェアフェスティバル、ビッグサイトでのギフトショーを見て、昨日帰ってきました。

東京は暖かく、それに両会場とも、人が多くて暑かったです。
外に出ると冷たい空気が気持ちよく感じました。
雪の降った日も、顔に当たる雪の冷たさが気持ちよかったです。


      
魚を獲ろうとしているカモのデキャンタ カモとアヒルのワイングラス   ハリネズミのワイングラス

毎年のように行っているテーブルウェアフェスティバルですが、よくいろいろと考えて創り出すことができるものだといつも感心してしまいます。


   
                 こんなテーブルも楽しそう

   
左のお家は何段かに離れて、手前のような器になります  昨年も同じものを見ましたが面白いですね

      
    左から こってり すっきり さわやかな感じの素敵なテーブルで、花もス・テ・キ 

この世の中には、想像力や創造力にあふれた人たちがこんなにもいるなんて。
私には思いもつかないようなアイデアをいっぱい持っている人たちが、私の知らないところで日々研究し、努力して、作品を創り上げているのだと思うと、その人たちの爪の垢を煎じて飲みたくなってきます。
それほど私にとっては新鮮な感覚なのです。

                 

バラの花の真ん中からバラの蕾が出ている、ちょうどこのバラのようにびっくりすることばかりです。

ギフトショーも「へえ〜、よく考えたもんだ」「こんなものが欲しかったんだよな」というような商品がたくさん並び、まだ試作品の段階のものも展示してあってとても楽しかったです。
(ギフトショーはその性格上、写真撮影はできません)

今回は多くのお客様から要望のあった、ケーナインヒルズのお土産のことで業者の方と直接話をしたいと思っていました。

ケーナインヒルズのロゴはとてもかわいいので、それを使ったマグカップ、タオル、バッグ、ステッカー、ワイン立て、Tシャツ、トレーナー、メモ用紙、便箋、封筒、付箋、ボールペンなどがあればぜひ買いたいと言われるお客様が多く、腰の重い私もあまりの声の多さに動き出したわけです。

で、収穫はあったかと言うと・・・
あったといえばあったし、なかったといえばなかったし、何とも言いようがありません。
と言うのは、1ロットはかなりの数で、商品化すると在庫だらけになりそうなので、今回は商品化することはあきらめることにしました。
商品化は無理と言うことが分かったことが収穫だったということです。

数を少なくすればするほど1個当たりの単価が高くなり、「マグカップ1個1万円」なんてことにもなりかねません。
ロゴひとつ付けるのも大変なことなのですね。
経済的な個数を考えると、なかなか手が出せないと思いました。

たくさんの数が売れれば、商品化してよかったと思えるでしょうが、在庫を抱えるのだけはしたくありません。
当分は今まで通り、お土産も何もない、ただのケーナインヒルズで行くつもりです。

ちょっと夢がしぼんでしまいましたが、ケーナインヒルズのロゴの付いた商品を楽しみにしていたお客様、ごめんなさい。

もしかしたら、ロゴなど関係のない、どこにでもある品物を売ることはあるかもしれません。
この方がたくさんの在庫を抱えることもないので安心ですから。

ま、そのうちまた在庫を抱えなくても済む良い方法があれば、また考えてみますね。

ジーンズの試着

カテゴリ : 
CANINEHILLS BLOG
執筆 : 
canine 2014-2-2 23:05
ユニクロにジーンズを買いに行きました。
ダイエットをしているわけではないけど、「ちょっと痩せたかな?」と、少し細めのものを穿いてみました。

穿いてみてびっくり。
だって上まで上がらないのです。
太もものところで引っかかって、お尻まで上がらないのです。

ちぇっ、ウェスト61僂鰐詰だったか。
残念!
ということは、65僂らいのものなら余裕で穿けるだろうとタカをくくっていたら、ウェストもお尻もきつめで、これではご飯も思うように食べられないと諦めました。

で、結局何僂里鯒磴辰燭隼廚い泙垢?
なんとウェスト68.5僉
めいさんにデブと言われても仕方ないか。
(デブにデブと言われたくはないけど・・・)

そういえばお風呂に入った時に、見たくもない鏡に目をやると、自分の体が「ミロのヴィーナス」のように見えます。
「ミロのヴィーナス」と言えば聞こえはいいけれど、肉付きがよく、ウェストのくびれていない、いわば寸胴のような体形で、オバサン体形。

その昔、私のウェストは55僂らいで、とてもくびれていて、おなかもぺしゃんこで、お尻の形も逆ハートの形をしていて、とてもきれいでした。

ところがっ。
あれから40年。
こんなにも崩れていくなんて。
皮膚もたるんで、表層雪崩が起きそうです。

ジーンズの試着で、改めてもう若くはないのだと思い知らされました。
人はこんなふうにして、ある日突然、自分の歳をまざまざと意識せざるを得ない時が来るのですね。
ああ、恐ろし〜。
ホームページをもっと見やすくし、スマホなどに対応するように、今、作り直してもらっています。
今までのものは、見た目はきれいでしたが使い勝手が悪くて、どうにかならないかなあ、と思うことがよくありました。

今度のホームページは、今までのよいところはそのままにして、開きやすく、見やすくしてもらいました。
たまたま、いい業者さんに出会えて、運がよかったのです。
(今までで一番よかったように思います)

私がOKを出したらすぐにでも公開できるのですが、すべてをチェックするのは私にとって莫大な量で、なかなか大変な作業です。

アップしたら下の方から消えて行く「うちの子の写真館」もリニューアルします。
これは私の方でいちいち書き直しをしなければならず、公開してから少しずつアップする予定でいます。

今週は4日間はめいさんを病院に連れて行っていたのでとても疲れました。
(私は病院が嫌いなので、自分が診てもらわなくても疲れてしまうのです。 私が通っている病院は楽しいので好きですが)
めいさんが盲導犬との共同訓練に入るための健康診断書を書いてもらうのに2日間必要でした。
インターベンションでは定期検査のほか、24時間の心電図を撮るため、これも2日間必要でした。
(インターベンションは待ち時間が特に長いです)
眼科にも行って、病院ってこんなに疲れるものなのかと改めて思いました。

その間にホームページの業者さんも来られたので、私の頭はごちゃごちゃのカオス状態。
一度にあれこれ覚えることができず、パソコン音痴はとても困ります。
それに面倒なのが解約手続き。
これにはほとほと手を焼きました。
(中には面倒なことを言ってくる業者さんもいましたから)

なんだかんだであっという間に過ぎた5日間。
でもホームページが新しくなるのは、わくわくしますね。
来週私はまた東京へ行くので、公開するのは早くて再来週になりそうです。
楽しみにしていてくださいね。

東京に行ってきました。

カテゴリ : 
CANINEHILLS BLOG
執筆 : 
canine 2014-1-25 23:30
ちょうど1週間前に、ポッチーちゃんは四日市から東京に戻ってきました。
11月に夫の実家の四日市で赤ちゃんを産んで、ずっと面倒を見てもらっていましたが、赤ちゃんも2か月を過ぎ、乗り物に乗ってもよくなったので戻ってきたのです。

12月下旬にコウちゃん一人で引っ越しをした新しいマンションは、道を挟んで東京都現代美術館があり、その隣には広くて快適な木場公園があります。
子育てをするにはとても良い環境で、ポッチーちゃんもこの街がとても気に入っているようです。

私は月曜日から金曜日まで、孫たちの世話をするために東京に行ってきました。
(つまり昨日猪苗代に戻ってきました)
今回は孫たちも私にすぐに懐いてくれたので、世話をするのも楽でした。
それに食事はみんなポッチーちゃんがしてくれて、私は暇さえあれば寝ていられる、半分優雅な生活でした。

東京は毎日お天気がよくて、これが冬?というほど暖かかったです。
だから毎日のように木場公園に遊びに行きました。
お兄ちゃんになったリピリピは、まだみんなと一緒に遊ぶことができなくて、ブランコと滑り台で遊ぶだけでした。
赤ちゃんのパルパルもお外が好きなようで、外に連れて行くと機嫌よく、ぐずりもしません。

すぐ近くにこんないい公園があるのはしあわせなこと。
赤ちゃんからお年寄りまで、たくさんの人が日向ぼっこをしたり、走ったり、ウォーキングやバスケットをしたりしています。
小さなフィールドアスレチックには小さな子どもたちの姿が見えます。
犬を散歩している人たちもいて、なんだかわくわくするような感じのする公園でした。

5日間はあっという間に過ぎて行きました。
帰る時に、
「私が帰るの、一番喜んでいるのはコウちゃんでしょ?」
と尋ねると、コウちゃんは、
「いえ、もっと居てもらってもいいです。」
と言いながらも、顔がくちゃくちゃで、私が帰るのがとてもうれしいのがよ〜くわかりました。
(口うるさい姑ですからね〜)

猪苗代に戻った途端に疲れがドバーッと出て、年取った体に孫の世話は思いのほか疲れるものだということがわかりました。
今度行くときには、もっと体を鍛えて、もっと遊べるようにしておかないと。

おやつに持って行った「きなこもち」が疲れた体を少し癒してくれたように思います。
1日1袋の「きなこもち」。
私にとっては疲れた時、気分転換の時の必需品のようです。

ネコの世話

カテゴリ : 
CANINEHILLS BLOG
執筆 : 
canine 2014-1-19 20:33
「ネコ(の面倒を)見れる?」
忙しい時も、疲れて寝ている時も、朝と夕方めいさんは必ず声を掛けてきます。
忙しい時など
「今はダメ。 時間がないから。 あとから。」
と言うと、めいさんひとりでネコの食事の用意をしますが、オシッコやウンチの面倒を見ないので、私が仕事が終わってから見ることになります。

お客様がいない朝、もっと寝ていたいなあ、と思っていても
「ネコ、見る?」
せっかくの安眠を妨害するんだなあ。
あーあ、もっと寝ていたいのに。

「誰のネコなの?」
「ふたりのネコ。」
「私はネコはぴっぴだけで、あとの2匹は飼わないって言ったでしょ! めいさんが自分で責任を持って飼うと言ったじゃないの!」
めいさんは笑いながら、
「じゃあ、ケーナインヒルズのネコ。」
「ケーナインヒルズのネコはぴっぴだけ!」

結局、私が面倒を見ることになるのは分かっているくせに、平気で「私が責任を持って・・」などと言ってのける。
なら、自分で面倒を見てやってよ。

でもネコにも優しい私は、あれこれ文句を言いながらもせっせと世話をしています。
今では新入りの2匹もずいぶん馴れてきました。
ウンチを取ったり、オシッコのシートを換えていると、上から私の頭に手をやって、スリスリしてきます。

めいさんが横から、
「かわいいだろ?」
「かわいくない。 めいさんがみんな面倒を見てくれたらかわいい。」
「ふっふ、なっちんにもこのネコたちがすり寄って来るようになったからなあ。」
「めいさん、ネコかわいいの?」
「かわいいなあ。」
「ネコと私とどっちがいい?」
「どっちも。」
いつも必ず同じ答えが返ってきます。

あと数か月で盲導犬が来るのですが、盲導犬の世話はすべてめいさんにさせるつもりです。
私を当てにしてはダメだよ。
盲導犬こそ、めいさんひとりのものだからね。

冬景色

カテゴリ : 
CANINEHILLS BLOG
執筆 : 
canine 2014-1-18 23:40
このところ毎日、真冬日が続きます。
寒いですよ。
体もだいぶ寒さに慣れて、風のない晴れた日は、外にいても暖かく感じます。

めいさんんは薪ストーブの番人で、ラジオを聴きながらストーブにかじり付いています。
気持ちがいいらしく、こっくり、こっくり、居眠りをしている時もありますよ。


                

窓の外は雪ばかり。
これは厨房から撮った写真です。
ケーナインヒルズはどこから見ても、景色は素晴らしいです。
毎日毎日、同じような景色を見ながらも、飽きないのが不思議です。

お茶漬け

カテゴリ : 
CANINEHILLS BLOG
執筆 : 
canine 2014-1-13 23:53
               

「何かすぐに食べられるもので、何がいいかなあ、と思って、そうだ、お茶漬けがいいと思い持ってきました。」

お客様からいただいたお茶漬け。
すぐに食べられるものは、面倒くさがり屋の私にはぴったりです。

お茶漬けなど、永谷園の海苔茶漬けくらいしか食べたことがありませんが、このお茶漬けには驚きました。
だってこんなに可愛くて、食べるのがもったいないほど。
梅の形をした最中の中に、お茶漬けの素が入っているのです。

これは鮭茶漬け。
おいしかったで〜す。
ごちそうさまでした!

スパイダーソリティア中毒

カテゴリ : 
CANINEHILLS BLOG
執筆 : 
canine 2014-1-9 23:50
昨年の春ごろから始めた「スパイダーソリティア」。
今日、ちょうどプレイ回数が10000回になりました。
このうち勝ちは7077回、勝率は70%です。
ハイスコアは8月30日に出した1384点。
移動回数が100以下というのは、1万回の中でたった23回でした。

「スパイダーソリティア」は短時間でできるので、お湯が沸く間とか、お菓子を食べながらとか、ちょっとした時間で簡単に、しかも時間に関係なくできるので手軽にできます。
時間も考慮する数独とは違うので、時間を気にすることもありません。

ちょっと心配なのは、スパイダーソリティア中毒です。
パソコンの前に座ると、必ずやってしまいますからね。
しかも何時間もすることがあるので、目に悪いです。

お正月の出来事

カテゴリ : 
CANINEHILLS BLOG
執筆 : 
canine 2014-1-8 23:59
5日のチェックアウトが済んでホッとした途端、今までの疲れがドッと出て、昨日まで冬眠した熊さんのように眠りこけていました。
とにかく眠くて、玄関から「こんにちは」の声がしても私には聞こえず、めいさんが出ていました。
電話も然り。

今年はお正月からツイていませんでした。
元旦のおせち料理は、時間がかかってしまい、またまたお客様をお待たせすることになりました。
かてて加えて、お雑煮のお椀が見つからなくて、捜し回り、これまた時間がかかってしまいました。

しまう場所を変えたのが悪かった!
私の脳みそでは、記憶に残りにくく、思い出すのが大変。
厨房の上の戸棚に仕舞ったことをやっと思い出したのはいいけど、新年早々、脚立から落ちてしまい、しこたま膝を打ってしまいました。
今は痛みこそありませんが、両膝に幅5僉長さ15僂了膺Г虜が残っています。

2日には玄関の看板のところでローダーが雪に嵌って、お客様に助けてもらいながら脱出。
「よかった〜。出られて」と思ったのも束の間。
沢沿いの道の除雪をしていたら、あろうことか、ローダーが沢に落ちかかって、車体が傾いてしまいました。

これくらいの車体の傾きはよくあることなので、怖くはありませんでしたが、脱出は無理だと悟りました。
だってツメを立ててバックしようと思っても、ツメを立てたところが雪を突き抜け水だったら、よけい大変なことになると思ったからです。
こういう時には車屋さんに来てもらうのが一番。

でも業者さんはお正月で電話がつながりません。
(助けてくれそうな技術を持っている)知り合いの携帯もダメ。

幸いなことに、以前簡易水道でお世話になっていた会社の専務さんと連絡が取れました。
この会社は町の除雪もしているので、スタッフはみんな出払ってしまっていて、午後になるけど来てくれるとのことでした。

そろそろ来てくれる頃だけどなあ、と待っていると、朝脱出を手伝ってくれたお客様が、
「今、車を引き上げましたよ。」
と知らせてくれました。

慌てて上着を着て出てみると、ローダーは引き上げられていたけれど、スタッフは帰ってしまった後でした。
さっと来て、さっと帰ってしまったのですね。
お客様の方が私に代わってお礼を言ってくださったとのこと。

重機で引き上げるのかと思ったら、乗ってきた車はパジェロで、
「ものの15秒で引き上げましたよ。」
とのこと。
ローダーのツメを立てて、いとも簡単に引き上げたとのこと。
何だか拍子抜けしました。


               

タイヤが埋まった跡にはぽっかり穴が開いていて、下には水が流れていました。

ローダー復帰で、また除雪をしました。
「水の中に落ちるなよ。」
めいさんは心配そうに(私を心配してではなく、ローダーを心配して)言いました。

でもこれに懲りる私ではありません。
いつもと同じようにまた除雪を始めました。

実はローダーが沢に落ちかけた、とめいさんに言った時、
「なっちん、アンタ、鍋に火をかけたまま除雪してたんだろう。」
「あれ、そうだったっけ?」
「なんか変な臭いがするなあ、と厨房に行ってみたら、鍋が焦げてたぞ。」
めいさんは吐き捨てるように言いました。


               
                スカスカのスポンジを混ぜたらこうなった

コンロの上に掛けていた鍋は黒くなって、中には焦げ茶色の、スカスカのスポンジのような残骸がありました。
これはかつてお雑煮の汁だったものです。
ちょうど「フリーズドライの卵スープ」みたいにスカスカになっていました。

水を注ぐと、サッと溶けてドロドロになりました。
「フリーズドライの卵スープ」はおいしいのですが、「スカスカのお雑煮の汁」は焦臭くて、とても飲める代物ではありませんでした。


さて今年は、新年早々雪かきをしてくれるお客様がいて、雪に埋もれながらも玄関から車まで、道を作ってみんなが通りやすいようにしてくださいました。
北海道生まれの雪かき上手なTさん、ありがとうございました。

Tさんと入れ替わりに、今度はリピーターのMさんが、わざわざ雪かきの装備までして来てくださり、道の脇に立っている、倒れかかった看板の雪までかいてくださいました。
Mさんの意気込みには感心して嬉しくなりました。
ありがとうございました。

元旦からガックリすることが続きましたが、私たちは本当にいいお客様に恵まれたと思いました。
今まで続けてこられたのも、お客様に恵まれ、助けられ、励まされ、元気をもらってきたからこそ。
感謝の思いをお客様にお返ししないと、と改めて思ったお正月の出来事でした。

新年おめでとうございます。

カテゴリ : 
CANINEHILLS BLOG
執筆 : 
canine 2014-1-1 0:01
たった1秒過ぎただけでも、さっきまで「今年」だったのが「昨年」になってしまいました。

新年おめでとうございます。
ことしもよろしくねっ!!

天気予報

19日5時、気象庁発表

日付 11月19日(日)
天気 雪

詳細はこちら